Big-Field

日々の出来事などを不定期に記録しています。

Entries

2010 Hawaii 旅行~7日目~

ケアウホウの朝
ベランダからの眺め(左側)
正方形の石垣のようなものが見えます
2010Hawaii120
 手前はハパイアリイ・へイアウ  奥はケエクー・へイアウ

近くに行ってみました
これは、ハパイアリイ・へイアウ
1400年代に建設された祈りの神殿であったと言われています
2010Hawaii121

カメハメハ財団によって神殿を復元しているんだそうです
もう一つ、プールの前あたりにあるカプアノニ・へイアウはこれから再建される予定

ヘイアウ側から見たホテル
岩の上に建っているように見えますが、時間がたつと自分が今立っている所も含め、この黒い岩盤は潮が満ちてきて海の底になります
2010Hawaii122

朝食
以前はレストランがあったのですが、客入りが悪かったせいか消滅
そのかわり?に朝だけ無料のビュッフェがあります
2010Hawaii123

ここも、鳥が常に皿を狙っています  注意 
2010Hawaii124

食事をいただいている所から直接、プールや庭に出ることができます
2010Hawaii125

食後に庭を散歩しました
たくさんの植物が植えられています
これはストレリチア  ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)です
極楽鳥(風鳥ともいう)に色が似ています
2010Hawaii126
  確かに鳥っぽい

こんな葉っぱも
シダ植物 ウラボシ科のオキナワウラボシか?
2010Hawaii127

葉の裏はちょっと不気味
このオレンジ色は胞子嚢  裏側に星のようにボツボツとあるコレが名前の由来でしょう
2010Hawaii128

枝が縦横無尽に伸びてます
これはバニヤンか、ガジュマル? 何本も絡み合う幹から思うにイチジク科の木でしょうか
2010Hawaii129

これも庭の中にあったもの
カラカウア王のサマーハウス(レプリカ)です
2010Hawaii130

ポオ・ハワイ・ポンドといいます  王族が使った池だそうです
2010Hawaii131

ケアウホウは、かつてアリイと呼ばれた王族が支配した土地
ホテル敷地内にある3つのヘイアウの他にも、カメハメハ3世の生まれた所(ホオクク・ヘイアウ シェラトンホテルの近くにある)や、波のコンディションを願った(サーファーのための?)クエマヌ・ヘイアウなど、スピリチュアル好きにはたまらない場所です

散歩の後は水着に着替えてビーチへ
カハルウビーチパーク  ホテルの庭づたいに歩いて行けます
2010Hawaii132

ビーチでシュノーケリングを楽しんだり、午後からはホテルのプールでも泳いだりと、楽しみました
(楽しみすぎて写真はナシ)

夕食
カイルア・コナにあるビッグ・アイランド・グリルへ
アリイ・ドライブより一本奥のクアキニ・ハイウェイ沿いにあります
2010Hawaii133

巨大ロコモコが有名らしいですが、食べてほしいのは魚料理なのか
本日の魚、のプレートが掲っていたり
入口に種々の魚の名前などが書かれたポスターが貼られてました
その中にハワイ名で「 ono 」という名前を発見!
気になって調べてみたら日本名はカマスサワラ  ハワイではオノの他に wahoo とも呼び
カマスに頭部が似ている鰆の仲間のようです
2010Hawaii134
 画像中ほどに ono の名が

シーフードプレートとラウラウのプレート
全編英語のメニュー(当然か)を眺めていたら、その中に choice of starch との表記が
starch =でんぷん、、、でんぷんをチョイスできる、って何?
…アメリカなんかだと、ステーキやハンバーグ、フライ、ソテー等々肉や魚介のメイン料理の皿に、付け合わせのポテトがどどーんとのっかってきますが、どうもそのポテト料理を選べることだったようです(ポテサラ、フライドポテト、マッシュポテトなどなど) starch(スターチ)=でんぷん=イモというわけです
2010Hawaii135
 奥の皿の葉っぱで包まれたものがラウラウ

本日終了 明日に続く

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

nebo

Author:nebo
ブログタイトルは苗字です
山形県酒田市出身
杉並区在住
うお座  A型
日本人

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索