Big-Field

日々の出来事などを不定期に記録しています。

Entries

繭から化粧水をつくる

先月、帰省した時に、産直で買いました
繭(まゆ)です
2013.9シルク化粧水5
 20個入り  300円

これで、化粧水を作ります
作り方を書いた紙もいただいてきたので、これを参考に

材料:繭20個・精製水500cc・グリセリン少々
2013.9シルク化粧水

レシピを読むと
「まず、繭の端をカットして、中に入っている蚕を捨ててください...」 ヒェ~ 
すでに捨てられた後のものを買ってきていて良かったです

鍋に洗った繭と精製水を入れ火にかけます
2013.9シルク化粧水2

弱火で40分ほど煮込みます 繭(=シルク)のたんぱく質が溶け出してくるそうです
2013.9シルク化粧水3
 引っ張るとほぐれて糸がでてきた

荒熱を取って容器に移します

煮ているうちに水分が蒸発してだいぶ少なくなってしまいました
(途中、50ccほど水を足したり、もちろん蓋もしてたんですが)
水分を絞って残った繭も使えるようなことが(ネットには)書いてありましたが
あまり使い勝手は良さそうにないので、どうするか検討中です

防腐剤は入っていないので劣化しやすいようです
冷蔵で2週間しか持ちません
さらに保存したい場合は冷凍するように、とのこと

グリセリンは、少々とあったので5%ほど加え
いつも手作りしているアロマ化粧水のレシピを参考にして、アルコール(無水エタノール)も
同じくらい入れてみました
2013.9シルク化粧水4

シルク化粧水は保湿、美白などに効くそうですが
まだ、本日作りたての1回しか使っていないので、効果のほどは不明です

煮出して残っている繭ですが、セリシンという繭たんぱくが残っていれば
繭玉を指にはめて顔のマッサージができるようです
肌の角質が取れて、保湿もされるとのこと

そして、使い終わった繭玉をさらに掃除に活用するという情報も!
水まわり(シンクなど)の汚れが落ちるそうです
...試してみます
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

nebo

Author:nebo
ブログタイトルは苗字です
山形県酒田市出身
杉並区在住
うお座  A型
日本人

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索