Big-Field

日々の出来事などを不定期に記録しています。

Entries

ステーキ レシピ

今年の夏にテレビ東京で放送されていた深夜ドラマ「侠飯(おとこめし)」

料理好きのヤクザの組長が
就活中の大学生のアパートで毎回数々のおいしいメニューを作る
というグルメドラマだったんですが

第3話 「特売肉がA5ランクに変わる侠飯」 を参考に
安いお肉でステーキを作ってみました

198円/100g の肩ロース肉  今回はこれで2人分です
2016.12肉

肉のスジ切りをする
2016.12肉2

玉ねぎをすりおろす
ドラマを見ただけだったので、詳しい分量がわからず、適当です
(後で調べたところによると、大さじ6強くらいは必要だった模様)
2016.12肉4

肉にまぶし、1時間以上漬け込む
肉を柔らかくするんだそうです
ほかに、ヨーグルトや牛乳、酒、ワイン、コーラなども良いそうですよ
2016.12肉3

肉を焼く
…肝心の画像がなく、申し訳ないんですが
焼くのに忙しく撮ってる余裕がありませんでした

ので、ここは説明のみで

肉は焼く前に常温に戻しておきます
フライパンは十分に熱し、牛脂をとかす…今回、牛脂をもらってくるのを忘れたのでサラダ油を使用
肉の玉ねぎをよけたら、片面だけに塩コショウをして
その面を下にして強火で30秒、中火に落とし表面に肉汁が浮いてきたらひっくり返す
…中火にして30秒経っても肉汁が浮いてきません  なぜ?
1分以上過ぎてしまったのでひっくり返すと焼いた側から肉汁が出てきちゃいました
この時ワインを入れて香りづけをするんですが
肉汁と合わさってフライパン内の水分がかなり多く、なかなか蒸発しない
焼きすぎると固くなるので、仕方なくここで取り出す…だめだぁ 

出来上がり図です
何とかそれらしくなってはいますが、味はいかに
ソースは肉を漬け込むのに使ったおろし玉ねぎで、作ります
(バターでニンニクを炒め、玉ねぎも炒めて
 醤油とレモン汁で味付けをする)
2016.12肉6

この日の夕食です
メニューはステーキとつけあわせにピーマンとエリンギ
ヒジキ煮、菜の花とキャベツのカラシ醤油和え、みそ汁、ごはん
2016.12肉5

夫にステーキの味を聞いたところ「玉ねぎの味が濃い」とのこと
どうやらソースがしょっぱかったようです 肉にかけずに、横に添えてほしかったと言っていました
肝心の硬さは特に柔らかくもなく、硬くもなく、といった感じ
焼き時間が長めだったにもかかわらず、ミディアム状態だったので
やはり火加減が弱かったのかと思います

玉ねぎのすりおろしが面倒だった割には好評の声もなく、、、多分もう作らないでしょう
さようなら侠飯 
料理はいつまでたっても苦手です

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

nebo

Author:nebo
ブログタイトルは苗字です
山形県酒田市出身
杉並区在住
うお座  A型
日本人

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索