Big-Field

日々の出来事などを不定期に記録しています。

Entries

2017 平泉・三陸旅行 ~2日目~

旅行2日目
朝食  一部食べてしまっていますが、、、
焼き魚に海苔、納豆、目玉焼き
20170429岩手旅行09

出発
北上して岩手県に入ります
まず、厳美渓(げんびけい)へ
一関市にある渓谷で
周遊できる道が整備されています
ここは「郭公だんご」が名物とのこと
向う岸にあるお店が、ワイヤーロープに吊るされたカゴに団子を入れ
それが川の上をスルスルと渡って届く、別名「空飛ぶだんご」
ちょうど、アジア系外国人の団体客が注文し、食べているところでした
20170430岩手旅行10

この景観は磐井川の浸食により形成されたんだそうです
白っぽい岩とエメラルドグリーンの川が美しい
20170430岩手旅行11

東側にある吊り橋「御覧場橋」
20170430岩手旅行12

御覧場橋の先の流れは川幅が広がっているせいなのか、ゆったりとしています
20170430岩手旅行13

次に向かったのは、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)
拝観料 300円
歴史は古く、創建されたのは1200年以上前
源頼朝も参拝した歴史があるそうです
20170430岩手旅行14

岩に食い込むように建てられた毘沙門堂
建物の中に入ることはできますが、内部は撮影禁止です
ここには30体ほどの毘沙門様が祀られているそうで
絵馬がたくさん奉納されていました
最強のお札なるものも売っています
20170430岩手旅行15

西側にある岩面大仏
顔の大きさは約3.6m  彫られている岩の高さは約33mに及びます
胸から下は明治29年に地震で崩落してしまったそうです
20170430岩手旅行16

毘沙門堂には別当である達谷西光寺のほか、
弁天堂、不動堂、お薬師様を祀る金堂など、いくつもの建物があります

次は、毛越寺に来ました
拝観料 500円
中尊寺などと共に世界遺産に登録されています
境内には、かつて金堂円隆寺をはじめ嘉祥寺、講堂、経楼、南大門などの
堂舎が並んでいましたが、今は礎石、土塁などが残っているのみ
20170430岩手旅行17

ここで有名なのは、やはり浄土庭園でしょう
中心となる大泉が池は海を表現していて、汀には州浜、荒磯、築山など
海浜の景観が配されているそうです
20170430岩手旅行19
  池が広すぎて1枚に収めることができず

画像左~中央に見えるのが、出島と池中立石(ちちゅうたていし)
これが荒磯の風情を表現しており、高さ約2.5mの池中立石は
庭園を象徴する景趣とのこと
20170430岩手旅行18

遣水(やりみず)
山水を池に取り入れるための水路、ですが
谷川を下り蛇行しながらゆったりと平野を流れる川の姿を表現しています
この遣水に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む平安時代の遊びを再現した
「曲水の宴」が毎年催されているそうです
20170430岩手旅行20


今度は、中尊寺に来ました
中尊寺は奥州 藤原氏 初代清衡によって造営
二代基衡は、薬師如来を本尊とする毛越寺を、三代秀衡は阿弥陀如来を本尊とする無量光院を建立
これに、基衡の妻が建立した観自在王院と、信仰の山と言われている金鶏山が
「平泉の文化遺産」として世界文化遺産に登録されています

参道は月見坂と言い、急坂が続いていてかなりきつい
息が上がります
20170430岩手旅行21

弁慶堂にあった顔出しパネル
もちろん、写真を撮りました
20170430岩手旅行22

中尊寺にはお堂がいくつもあります
こちらは峯薬師堂
ここは、目に御利益がある絵馬が奉納されていたり
とにかく「め」の字だらけ
自分も、目の調子が悪いらしい弟にお守りを買いました
20170430岩手旅行23

あちこちの写真を撮りながら、約20分
ようやく本堂まで来ました
ご本尊は5m近い大きさの御釈迦様(丈六仏)です
20170430岩手旅行24

そしていよいよ金色堂へ
ここは拝観料がかかります  讃衡蔵の見学と合わせて800円
 (讃衡蔵(さんこうぞう)は、中尊寺ほか多くの文化財を収蔵する施設で
  以前の本尊など3体の丈六仏や、金で書かれた国宝 中尊寺経などが展示されています)
建造は1124年
度重なる火災によって、多くの堂塔が焼失したなか
金色堂だけが創建当初のまま残りました
お堂は金箔と螺鈿細工、象牙や宝石によって飾られています
堂内には藤原氏4代の御遺体が金色の棺に納められ、安置されているそうです
中央壇の阿弥陀様をはじめ、両脇の観音様、六体のお地蔵様、持国天、増長天と
金色に輝く仏様の団体には圧倒されます
金色堂は撮影禁止
画像の建物は、覆堂(金色堂をまるごと覆っている建物)です
20170430岩手旅行25

で、こちらが旧覆堂
室町時代から約500年、金色堂を守っていたお堂です
1963年にお役御免となりましたが
このお堂自体も重要文化財に指定されています
隣にいるのは松尾芭蕉
20170430岩手旅行26

中尊寺の境内を過ぎて最奥に進むと神社が見えてきます
白山神社
歩き疲れていましたが、ここまで来たのに行かないわけにはいきません
20170430岩手旅行27

神社拝殿の手前には能楽殿があります
この能舞台も貴重らしく重文だそうですが、古い木造なのに
それこそ覆い一つなく、風雨にさらされていいのかと少々心配になりました
20170430岩手旅行28

中尊寺の観光は90分ほどでしたが
見どころが多く、歩くのが大変で疲れました
もしまた訪れることがあるなら、今度はもっとゆっくり見てまわりたいです

平泉を後にし、一気に北上
(途中の山道~455号線 小本街道~もカーブとアップダウンの繰り返しで相当キツかった)
約4時間かけて、田野畑村にある北山崎までやってきました
20170430岩手旅行29

高さ200mの大断崖が約8kmに渡り連なる景勝地です
ただ、すでに17時を過ぎているからか、店も閉まっていて人はほとんどいません
海から吹き付ける風も強く、寒い
昼は20℃を超えていたのに、今は12℃位です
20170430岩手旅行30

展望台から見た景色
曇ってしまい、薄暗くて写真写りはイマイチ
手前の小島はミサゴの営巣地
海蝕洞もいくつか確認できます
20170430岩手旅行31

展望台は3か所あります
平泉で歩きすぎたせいでもうヘトヘト
ほぼ平坦な道のりの、第1展望台まで歩くのもやっとなのに
第2、3展望台までは300段以上の階段を上ったり下りたり
断崖直下の波打ち際まで続く736段の階段もあったのですが
絶対ムリ、と即断念
明日のスケジュールを考慮し、頑張ってここまで来ましたが
…中尊寺の後に来る場所ではありませんでした
20170430岩手旅行32

疲れ切ってホテルに到着
宮古市にあるホテルルートイン宮古
「復興支援ホテル」として2013年12月にオープンした、まだ新しいホテルです
20170430岩手旅行33

室内
昨日のホテルもそうでしたが、消臭剤と空気清浄機が置いてあります
近頃のビジネスホテルはこれらのものがあるのが普通なんでしょうか
20170430岩手旅行34

窓からの眺め
ホテルの別館ビューです
左奥に小さく海(宮古湾)が見えます
20170430岩手旅行35

夕食はホテル内のレストラン「花茶屋」でいただきました
セミバイキング形式、というのか
メインのおかず(左の肉&魚料理のプレート)は決まっていて
その他のおかずと、ご飯と味噌汁は自分で取る仕組み
お酒など、飲み物は持ち込み(隣の自販機から買ってくる)
これもビジネスホテルでは当たり前なのか
色々と新鮮です
20170430岩手旅行36

ここは大浴場があります
やはり部屋のユニットバスだと狭いので嬉しい
風呂場は空いていたので、ゆっくりできて良かったです
ここのお湯は 「ミネラル成分の刺激で、発刊作用を促し老廃物を排出、
更に血行を良くして新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高める」 とあったので
疲れた足をモミモミしておきました
20170430岩手旅行37

今日は盛りだくさんだったので疲労困ぱいです
明日もなかなかタイトなスケジュール
大丈夫か…

2017 平泉・三陸旅行

4/29(土)~5/2(火)  3泊4日で東北旅行に出かけました
今回行ったのは、主に岩手県、平泉と三陸方面です
20170429岩手旅行00
  地図上に主な訪問地を記入しています 
  赤字の①②③は宿泊した場所です (①は1泊目… …)

交通手段は車
岩手までは距離があるので、初日はほとんど移動のみ
10時過ぎに家を出て、東北道をひたすら北上します
16時頃には、本日宿泊する宮城県の栗原市に到着

この付近の観光スポットに行ってみました
伊豆沼&内沼です(こちらは伊豆沼)
夕方のせいか、ほとんど人がいません
20170429岩手旅行01

内沼もこんな感じ
宮城県内で最大の面積の湖沼で、冬はハクチョウが越冬に来たり
夏には蓮の花が沼一面に広がり遊覧船で観光もできるそうですが
時期ではなかったようです
20170429岩手旅行02

くりはら田園鉄道  若柳駅
創建当時の姿へ復元されたため、駅舎がレトロな感じ
20170429岩手旅行03

「くりでん」は大正7年から2007年4月まで約90年間、使われていました
車両もいくつか置いてあります
20170429岩手旅行04

宿に着きました
アネックスホテル アベ
20170429岩手旅行05

客室
やや狭いですが、ビジネスホテルなのでこんなもんでしょう
室内は清潔で過ごしやすそうです
アメニティも一通り揃っています
20170429岩手旅行06

ラウンジ横にはお茶やコーヒーなど、飲み物の無料サービスがありました
これはウレシイ
20170429岩手旅行07

夕食もホテルでいただきます
家庭的な料理
お酒は、キリンビール一番搾りの「仙台づくり」と
地元、萩野酒造の純米酒「萩の鶴」
「仙台づくり」は、東北産ホップと県内産ササニシキを使っているんだそう
20170429岩手旅行08

本日は終了
続きはまた明日

電力自由化 ~♪ seeds of life ~

電力会社を選べるようになって1年がたちました
新聞の記事によると、電力会社を変えたのはわずか5.4%
 2017.4電気

我が家は自由化と同時に
東電からENEOSでんきに切り替えたわけですが
電気料金がどうなったかをチェックしてみました

こちらは電気使用量のグラフ
比較のため2014~2016年の3年分のデータを出しています
2016年4月からの緑のラインが新電力に切り替えた後です
これを見ると、どの年も使用料は大差ありません
 2017.4電気2

そしてこちらが電気料金
緑ラインがそれ以前の年より下回っています
計算したところ、月平均で2000円以上は安くなっていました
2017.4電気3

ということで、切り替えはお得という結果になりました
今後は、都市ガスの自由化も始まるそうです
ガスの切り替えは今のところ考えてはいませんが
電気とのセット割などのプランもあるようですから
今後、切り替える家庭も増えるかもしれません


さて
今回のエレクトーン演奏は、「 seeds of life 」
作曲:菅野よう子
2004年コスモ石油のCM用として作られた曲です
我が家はENEOSでんきですが、石油つながり、ということで選びました
 

♪ 蕾

春分が過ぎ、寒さもだいぶ緩んできましたが
今日は冷たい雨が降ったりと、春本番はもう一息といったところ
そんな中
東京地方は、全国のトップを切って桜の開花が発表されました

ということで
今回のエレクトーン演奏は「蕾」です
2007年リリース  コブクロというグループの曲

コブクロには「桜」という桜ソングがありますが
蕾も桜ソングだとすっかり思い込んでいて
なぜか、こちらを選んでしまいました
今から「桜」を練習しても、弾けるようになる頃には
桜も散ってしまうと思うので
せめて、桜の多くがまだ蕾のうちに
「蕾」をアゲることにします

使用楽譜は Hit Express
レベルは初級
初級レベルだと、ベタ弾き伴奏でも自動的にアルペジオを奏でてくれたりするのでラク
この曲もそうなってます


2017 Birthday

誕生日です

この年になると、すでに嬉しくも何ともありません
まあ、ここまで無事に過ごせたことに感謝する日、なのかもしれません

母からは、日本酒が3本も送られてきました
昨年までは、ワインだったんですが
今年は、ワイン感覚で飲める日本酒にした、とのことです
ありがとう!
2017.3 Birthday

まずは、これを飲みましたよ
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞蔵 5年連続受賞」の
「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸」
清酒酵母ではなく、ワイン酵母を使用しているそうです
普段飲んでいる日本酒に比べ、かなり甘い
砂糖を加えたかと思うくらいです
飲み始めはどうかな~という感じだったのが
気が付くと何杯も飲んじゃって、頭がモウロウとする、、、
2017.3 Birthday2

夫が買ってきてくれたケーキと共にいただきました
イチゴのシフォンとみかんのシフォンケーキです
2017.3 Birthday3

「選びきれなかった」と、4つも買ってきました
残りのケーキは明日いただく予定
2017.3 Birthday4

左サイドMenu

プロフィール

nebo

Author:nebo
ブログタイトルは苗字です
山形県酒田市出身
杉並区在住
うお座  A型
日本人

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索