Big-Field

日々の出来事などを不定期に記録しています。

Entries

電力自由化 ~♪ seeds of life ~

電力会社を選べるようになって1年がたちました
新聞の記事によると、電力会社を変えたのはわずか5.4%
 2017.4電気

我が家は自由化と同時に
東電からENEOSでんきに切り替えたわけですが
電気料金がどうなったかをチェックしてみました

こちらは電気使用量のグラフ
比較のため2014~2016年の3年分のデータを出しています
2016年4月からの緑のラインが新電力に切り替えた後です
これを見ると、どの年も使用料は大差ありません
 2017.4電気2

そしてこちらが電気料金
緑ラインがそれ以前の年より下回っています
計算したところ、月平均で2000円以上は安くなっていました
2017.4電気3

ということで、切り替えはお得という結果になりました
今後は、都市ガスの自由化も始まるそうです
ガスの切り替えは今のところ考えてはいませんが
電気とのセット割などのプランもあるようですから
今後、切り替える家庭も増えるかもしれません


さて
今回のエレクトーン演奏は、「 seeds of life 」
作曲:菅野よう子
2004年コスモ石油のCM用として作られた曲です
我が家はENEOSでんきですが、石油つながり、ということで選びました
 

♪ 蕾

春分が過ぎ、寒さもだいぶ緩んできましたが
今日は冷たい雨が降ったりと、春本番はもう一息といったところ
そんな中
東京地方は、全国のトップを切って桜の開花が発表されました

ということで
今回のエレクトーン演奏は「蕾」です
2007年リリース  コブクロというグループの曲

コブクロには「桜」という桜ソングがありますが
蕾も桜ソングだとすっかり思い込んでいて
なぜか、こちらを選んでしまいました
今から「桜」を練習しても、弾けるようになる頃には
桜も散ってしまうと思うので
せめて、桜の多くがまだ蕾のうちに
「蕾」をアゲることにします

使用楽譜は Hit Express
レベルは初級
初級レベルだと、ベタ弾き伴奏でも自動的にアルペジオを奏でてくれたりするのでラク
この曲もそうなってます


2017 Birthday

誕生日です

この年になると、すでに嬉しくも何ともありません
まあ、ここまで無事に過ごせたことに感謝する日、なのかもしれません

母からは、日本酒が3本も送られてきました
昨年までは、ワインだったんですが
今年は、ワイン感覚で飲める日本酒にした、とのことです
ありがとう!
2017.3 Birthday

まずは、これを飲みましたよ
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞蔵 5年連続受賞」の
「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸」
清酒酵母ではなく、ワイン酵母を使用しているそうです
普段飲んでいる日本酒に比べ、かなり甘い
砂糖を加えたかと思うくらいです
飲み始めはどうかな~という感じだったのが
気が付くと何杯も飲んじゃって、頭がモウロウとする、、、
2017.3 Birthday2

夫が買ってきてくれたケーキと共にいただきました
イチゴのシフォンとみかんのシフォンケーキです
2017.3 Birthday3

「選びきれなかった」と、4つも買ってきました
残りのケーキは明日いただく予定
2017.3 Birthday4

♪ 3月9日

この曲は、やはりこの日に、と思い UP しました
2017.3.9

3月9日
レミオロメンというバンドの曲です
2004年リリース

曲もバンドもなんとなく存在は知っていましたが
世代じゃないんで、詳しくはありませんでした
時期的に卒業の歌かな、と思ったんですが結婚を祝う歌だそうです

使用楽譜は
STAGEA/D-DECK レジストレーションメニューで弾くBEST MELODIES 165 vol.2
メニュー3のスムースリード、という レジストレーションを使っています
ボーカルがある曲はその代わりに何らかの音色がリードボイスになるわけですが
冒頭部分はパンフルートやケーナなどの民族楽器にも似た素朴な感じ
少し後からは、いかにもエレクトーンらしい、人工的な音色の
ポップリード等がチョイスされています

演奏は楽譜通りではなく、原曲に近くなるように所々足しています
(もちろん、原曲と全く同じとはいきません、、、 あくまで“近く”です)
きちんと聞いたことがない曲だったので
ネットで元歌を何度か聞いて、追加部分を作成しました
この曲、4分の4拍子(4/4)の中に時々2/4が入っていて
そうなると別にリズムを作らなくてはならなかったり、と
思ったより手間取りました



2017 宮古島旅行 ~3日目~

旅行3日目

最終日なので、気合を入れて早起き
(と言っても、昨日とさほど変わらない時間でしたが)
8時30分過ぎにはホテルをチェックアウトし、最初の目的地へ
(と言っても、ホテルからすぐの場所ですが)

シースカイ博愛
半潜水式水中観光船です
9時に乗船予約しておきました
料金はホテルで割引券をいただいて1600円/1人
2017.3.4宮古島56

場所は、ホテルの部屋からも見えた博愛漁港
シギラリゾート内にありますが
船は、「うえのドイツ文化村」という施設に属するようです

  明治時代、この辺りでドイツ船が座礁し、島民が救助したそうで
  それを称えるため当時のドイツ皇帝は島に博愛記念碑を建立
  しばらくは忘れ去られていましたが、昭和に入り再び注目され
  祖先の勇気ある偉業を称え、その博愛の心を広く文化遺産として後世に伝えるとともに
  国際交流や地域との交流を推進し地域の活性化が図れる拠点づくりの為
  ドイツ文化村が策定されたそうです

これはドイツの古城を再現した博愛記念館
うえのドイツ文化村の施設内にはベルリンの壁の一部もあるそうで
時間があれば見たかったんですが、今回は見送りました
2017.3.4宮古島74

水中船からは数々の魚やサンゴなどを見ることができます
2017.3.4宮古島57

この時は潮が満ちている時間で、船はサンゴ礁のすぐ上を通っていました
「この時間だけの特別なコースです」と言っていましたが
干潮時にはまた別の特別コースがあるんでしょうね
2017.3.4宮古島58

カメもいましたよ
ガイドのお兄さんが丁寧に説明してくれて、とても楽しめました
2017.3.4宮古島59

次に行ったのは「ムイガー断崖」
豊富な湧水が出るこの場所をムイガーと呼び、以前は簡易水道の給水地として利用
崖の下には古い井戸なども残っているそうです
そういえば、昨日行った「イムギャーマリンガーデン」も湧水が出るんでした
ムイガーからは2.5㎞の距離
きっとこの辺は地下水が出てくる地形なんでしょう

脇道を少し下ると階段があり、崖の上まで登れるとの事ですが
時間がかかりそうだったのであきらめました
入口から撮影しただけですが、それでも見事な崖を堪能できます
崖が続くこの辺りは七又海岸と言い
高さは約30m  地質は隆起サンゴ礁です
2017.3.4宮古島60

島の東側を海沿いに北上
ビーチや畑が続く道です
島はいたるところにサトウキビ畑が広がっています
農地の42%がサトウキビ畑だそう
畑を使った迷路などもあるようです
2017.3.4宮古島61

西の浜ビーチまで来ました
島の北にある西平安名崎と世渡崎のあいだにあります
北にあるのに西の浜って言うんですね  なぜ?
2017.3.4宮古島62

岬の間にあるため、波は穏やか
池間島や橋もよく見えます
2017.3.4宮古島63

海岸のすぐ近くに雪塩製塩所があります
スタッフが塩の説明もしてくれるようですが今回はパス
クーポン券で塩のサンプルだけもらって帰りました
2017.3.4宮古島64

他にも、海中公園とか行きたい所があったんですが
残念ながら時間切れ
空港の近くまで戻ります

昼食は「ばっしらいん」というファミレスでいただきました
宮古そば海ぶどう丼セット 1100円
2017.3.4宮古島65
 「ばっしらいん」とは、「忘れられない」という意味だそうです

残りの時間は買い物
あたらす市場に行きました
新鮮な野菜などが売られています
島特産の野菜や果物、ハーブなんかも安くて欲しかったんですが
荷物が増えてしまうので、買ったのはわずか
ちょっと残念
2017.3.4宮古島66
 「あたらす」とは「大切な」「愛しい」 という意味
 宮古の方言はムズカシイ

レンタカーを返した後、空港に到着
沖縄で一旦乗り換えて、羽田に帰ります
2017.3.4宮古島67

さようなら 宮古島 
2017.3.4宮古島68


さて
お土産です

あたらす市場で買った「ぱるだま」という野菜
旅行初日にも食べてます
ぱるだまは島での呼び方で
以前、自宅近くのスーパーでは金時草という名前で売っていました
ハンダマとか水前寺菜ともいうようです
この量で100円  安い
2017.3.4宮古島69

お浸しにしました
けっこうクセがある味です
鉄分が豊富
炒めても、生でサラダでも食べられるそうですよ
2017.3.4宮古島70

海ぶどう
旅行中、毎晩食べて、お土産にも買いました
80gで400円
こちらでもたまに沖縄フェアなんかで売っていますが
なかなかこの値段では買えません
2017.3.4宮古島71

じーまみ豆腐
ピーナッツで作った豆腐です
モッチモッチでネトッと粘っこい
あんまりピーナッツの風味は感じませんでした
2017.3.4宮古島72

サンプルでもらった雪塩、そして黒糖
黒糖は塩入り、、、塩が入った砂糖ってどうなの?と思いましたが
これがなかなかイケる
ついつい口に入れちゃってます
雪塩はまだ使っていません
2017.3.4宮古島73


宮古島はもっと田舎で何もないところだと思っていましたが
立派な橋が3つもあり
ファミマやイオン、ドンキなどの店もあるし
日本のどこにでもある普通の田舎でした
もしまた行く機会があるなら、今度はシュノーケリングができる時期に行きたいですね

左サイドMenu

プロフィール

nebo

Author:nebo
ブログタイトルは苗字です
山形県酒田市出身
杉並区在住
うお座  A型
日本人

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索